自社で物流センターを構える必要がない

ECサイトを運営する際には、注文を受けた商品を出荷する仕組みを構築しておくことが必要です。迅速な出荷や返品の受け入れ、クレーム対応などの業務を円滑に行える仕組みを構築しておかなくては、顧客からの注文を安心して受けることはできません。物流業務を進める上で必要になる仕組みを自社で構える際には、広大なスペースの借り入れや、作業に従事する方のコストが発生するものです。通販物流を活用すれば、物流に関わるコストをかける必要もなくなり、低コストでのECサイト運営が実現していきます。

必要な分だけのコストで済みます

通販物流を利用すれば、自社が扱う商品の管理コストは、必要最低限なものとなっていきます。扱うアイテム数や、作業に従事した分だけのコストをかけるだけで、物流業務を行えるのが、通販物流を利用することのメリットです。小規模事業者であっても、小ロットからの依頼が可能ですから、業務規模が拡大するに従って委託量を増やしていくことが可能です。

通販物流を選ぶ際のポイント

通販物流を選ぶ際には、固定費と変動費が、どの程度掛かっていくかを検討することが大切です。固定費には、利用に際して生じる基本料金と、商品の保管に掛かっていく保管費用が含まれます。どのような商材を扱うのであっても、固定費の支払いは避けられない部分です。比較サイトを活用しての検討を進め、できるだけ少ないコストで運用できる物流会社を選びましょう。変動費の部分は、扱う商材の量により変わっていきます。日々の注文量や、配送を行う範囲などにより、掛かっていくコストは変わります。どの程度の注文量が生じるかのシミュレーションを行ってから契約を進めるのが良いでしょう。

状況に応じた柔軟な変化が行えるか?

ECサイトを運営していくと、急に多くの注文が発生したりと、状況が急変する場合があります。繁忙期でなくても、扱っている商品が、メディアの影響などで、瞬時に多くのユーザーからの注文を受ける事態になることがあるのです。注文量の増加が激しくなった場合でも、扱う量を柔軟に変えられる通販物流を選んでおきましょう。広大なスペースを保有しているなど、状況の変化に問題なく対処できる環境であるかが、通販物流選びをする際の重要な判断基準です。

返品やクレーム処理にも対応してくれるか?

通販事業を営む以上は、ユーザーからのキャンセルや返品は、一定量は発生していくものです。通販物流に発送業務を依頼する際には、配送だけではなく、ユーザーからの返品や、クレーム対応を行ってくれるかも、業者選びの際の重要な判断基準です。クレーム処理などのユーザー対応を行ってもらえれば、集客や商品企画などの販促業務に専念できるからです。

通販物流とは通販やネットで買い物をするときに関わる物流のことをいい、商品の入荷から発送まで一括して行う企業もあります。