ドライバー求人を専門に扱っている会社に登録しよう

派遣の運転手は、運送会社やタクシー会社などで直接雇用されている運転手と比較して労働時間や出勤日などの自由度が高く、仕事ばかりでなく私生活の時間を充実させたい人にとって理想的な働き方と言えます。最近では、ドライバー求人を専門に扱っている派遣会社の数も増えており、希望条件に合った会社で働きやすい状況となっています。

派遣会社によっては、全ての登録者を対象に運転技術の向上のために様々な形の研修を受けられるようにしたり、免許取得費用の一部を援助したりしているところもあります。そうした中、長く付き合うことができる派遣会社を探すうえで、各地の評判が良い会社の登録説明会に参加をしたり、実際に派遣の運転手として長く働いている人の体験談を参考にしたりして、登録先の候補を決めると良いでしょう。

運転技術だけでなく接遇マナーも身につけよう

派遣会社を通じて大手企業の重役の送迎ドライバーなどの責任のある仕事を担当したい場合には、運転技術だけでなく接遇マナーもしっかりと身につけて、失礼が無いように心がけることが重要となります。大手企業への運転手の派遣の実績が豊富な会社の中には、一人ひとりの登録者がコミュニケーションスキルやビジネスマナーを学べる機会を用意したり、定期的に外部の研修の受講を義務付けたりしているところもあります。

また、運転手に求められる接遇マナーの水準については、派遣先によっても異なります。そうした中、少しでも給料をはじめとした条件が良いところで働きたい時は、早いうちから自分が苦手なところを克服できるよう、色々な研修の内容に目を通すと良いでしょう。

同じ派遣先でなるべく長く経験を積もう

派遣の運転手として高く評価してもらうには、同じ派遣先でなるべく長く経験を積んで、業務内容をしっかりとマスターできるように心がけることが大切です。たとえば、トラックやタクシーなどの専門性が要求される運転手の仕事をメインに担当して、業界内で長く活躍したい場合には、派遣会社の担当者とよく相談をして、なるべく有意義な経験ができる派遣先を提案してもらうことがポイントです。

また、同じような業務内容であっても、勤務時間や仕事中に回るルートが異なるため、求人選びの際に無理なく働けそうなところを見極めることが肝心です。その他、派遣の運転手のスキルやキャリアを上手くアピールしたい場合には、派遣会社でプロフィールの更新をする際に、乗務経験の長さや所有資格について、できるだけ分かりやすく記載しておきましょう。

一概に運転手の派遣といっても、運転する車種はさまざまです。一般乗用車から、トラック、バス、その他特殊車両等、ニーズに応じた資格を多数保有している方ほど、活躍の場も広がるでしょう。