保管場所に関する工夫

倉庫で製品を保管するとなれば、どこにどんな種類があるのかを把握しておかなければなりません。しかし、広い倉庫となれば保管場所が拡大すると同時に製品を探す時間の確保が求められます。ゆえに、製品を探す際の時間が掛からないような工夫をすることが重要です。それでは、広い倉庫であっても時間を掛けずに製品の保管場所を探せる方法とはどんなものがあるのでしょうか。手法の一つとして、製品の種類ごとにアルファベットと数字を組み合わせて管理を行うというものがあります。例えば、書籍についてはAの1という感じでアルファベットと番号を振ります。そして、倉庫内にAの1のエリアを作って書籍をまとめ、保管するという手法です。

保管場所を工夫する利点に関して

製品の保管場所を工夫することによって、次のようなメリットが手に入ります。保管場所を作ることによって、探し求める製品がどこにあるのかが分かるようになります。そして保管場所がわかっている、すなわち製品を探す時間の短縮です。以上より、倉庫内をわかりやすい現場にすることで作業時間の短縮を図れます。顧客が指定した製品を期日までに届けることは、倉庫の仕事では大切です。従って、製品をすぐに探し出して送り出せるようにすることが求められます。

ゆえに、倉庫内での保管場所の工夫は顧客の要望と関係があるので不可欠な要素となります。製品を発送するだけでなく、どのようなやり方ならば顧客のニーズに対応できるのかを考えることも必要です。

運搬業や倉庫業などを総括して物流と呼ぶケースが多いです。ものやサービスの流れを円滑に進めており、24時間滞ることがありません。