ビジネスマナーは体で覚える

どんな業界の職種であっても、必ず身につけておかなければならないことがあります。ビジネスマナーは新入社員研修において必須の項目であり、実務を覚える前にやっておくべきことです。ビジネスマナーの内容としては、主に電話の対応や接客と挨拶、そして名刺交換などの形式的なものです。これらはまず座学での講義を行ってから、実践形式で体に叩き込んでいく練習をします。

社会人として大切な心構え

学生の時にアルバイトで業務を経験している方もいると思いますが、それだけでは仕事に対する心構えは完全ではないと思います。アルバイトと社員とでは心構えの違いがあるということを研修を通して知ることになるでしょう。社員になればアルバイトを管理する立場にもなるし、業務の責任の重さも全く違ってきます。お金を稼ぐということがどれほど大変なことなのかを研修で理解することができるでしょう。学生気分の抜けない新入社員に対して行うこれらの研修は、社会人をスタートする上での心構えを教える良い機会になります。

親睦会による交流も研修の一環

企業での仕事は一人で完結するものではありませんから、社員同士のコミュニケーションが重要になってきます。特に新入社員にとっては、分からない業務を聞くためのコミュニケーションは必須です。何についてどのような疑問があるのか…それを解決するために最も必要なものが相手との会話です。親睦会では先輩や上司とコミュニケーションを深めることができるので、これらも社員研修の一環として捉えられています。企業で仕事する上では、学生の時のように嫌いな相手とは話さないというわけにはいきませんから、仕事する上での人との付き合い方も学んでいかなければなりません。

管理職研修でコミュニケーション能力を向上させることが、部下によるハラスメントやバイトテロ等の労働トラブル防止につながります。